2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月24日 (木)

第7回安房医療ねっとに参加してきました

先日亀田総合病院で開催された第7回安房医療ねっとに師長さんと一緒に参加させていただきました。

亀田総合病院での地域医療支援部や緩和ケアチームについてお話していただいた後は、地域連携パスについてのお話と、今後の地域連携パスのテーマになる疾患ごとにグループディスカッションを行いました。

地域連携パスについては前回石橋先生のお話にもあり、今回亀田総合病院さんが主体でパスを作られているとのことから、さらに身近に感じました。

全国で行われている医療連携の事例http://www.mhlw.go.jp/shingi/2005/10/s1024-8c.html#top

その中でも千葉県で地域医療連携を先駆けて行っているのが「わかしお医療ネットワーク」http://www.pref-hosp.togane.chiba.jp/J/wakasio/ayumi.htm

たくさんの医療機関・薬局・施設がみんなで共有する電子カルテネットワーク、特に糖尿病に関しての診療支援システム、眼科医の先生方との連携、教育入院…素晴らしいと思いました。「安房医療ねっと」も「わかしお医療ネットワーク」に負けないように「顔の見える」関係を築けていけたらいいな、と思います。

そのためにも私たちの病院が日頃どんな医療を行っているのか、どんなことができるのか…情報提供が必要とのことでした。

地域医療の実態を知りたいと言ってくださった亀田総合病院の先生やソーシャルワーカーの皆様に、少しでも私たちの病院のことをわかっていただけるように、このようなブログやホームページ(目下制作中です!)で情報発信していこうと思います。

そこで…

南房総市立富山国保病院について知りたいことや情報発信してほしいことなどありましたら、コメントに書いていただけると幸いです。よろしくお願いします!

Photo_2

これは亀田総合病院さんから海を眺めた写真です。

2009年9月 9日 (水)

平久里中 中若会からのプレゼント

 去る7月15日、病院の地元、平久里中地区の青年会「中若会」の皆様が、17年ぶりに小祭(こまち)というお祭りを行いました。ただお祭りを楽しむだけでなく、地域を元気づけるために何かやろう!と計画してくださったそうです。

 当日は、病院にも立ち寄っていただきました。遠くから笛や太鼓の祭囃子に歓声が響いてくると、入院患者さんたちは大喜び!瞳を輝かせとても楽しまれていました。

Photo

 この度、中若会の皆様から、お祭りの志の中から、病院に車椅子用のマットをご寄付いただきました。高価なものなので病院でも不足していましたので、とても助かります。患者さんのために大切に使わせていただきたいと思います。ありがとうございました。

 私たちは、地域の皆様に支えられ、本当にありがたく感謝申し上げます。私たちも地域の皆様のお役に少しでも立てるよう精一杯努力したいと思います。

 どうかこれからもよろしくお願いいたします!

Photo_2

2009年9月 8日 (火)

2009年全日本12時間耐久サイクリングinつくば に参加!

   南房総市には自転車部があり、そのメンバーの大部分は病院所属です。

少し前のことになりますが、8月8日から9日にかけて、つくばサーキットの耐久レースに病院自転車部メンバーで参加してきました。

メンバーは総勢5名、職種さまざまの男子チーム。

夜10時スタート、交代で夜通し走り、翌朝10時ゴール。

200908086_2

昨年も参加しましたが、おしくも7位で入賞圏外。今年の目標は入賞です。

着々と周回、ライダーチェンジを重ねていきます。200908089

残り時間もわずかになったところで、順位を確認すると6-7位の間をいったりきたり。

いよいよゴール、順位は??

2009080811

2009090712_2

念願の入賞!

いつも仕事で力をあせているメンバーと、仕事以外でも一つの目標にむけてがんばるのも楽しいです。

2009080812

2009年9月 7日 (月)

医学生さんが研修に来られました!

 8月終わりに研修に来られた医学生さんから感想文が届きましたので、このブログで発表します。

 「今回の実習では普段自分が行わないようなことをやらせてもらいとても楽しかったです。検査ではいろいろさせてもらい、自分が健康であるとわかりました。
また夜中に二人で怖い話見て震えていたのもいい思い出です。
こんな感じで楽しかったのですが、院長先生と山に登ることができなかったことだけが唯一心のこりです。
最後に実習に協力してくださった先生方、職員の皆様ありがとうございました。」

 臨床検査がとても心に残ったようでした。

 5日間携わっていただいた皆様、本当にありがとうございました!

 来年も医学生さんが来て下さったらいいな、と思います。

 F1000190

2009年9月 2日 (水)

医師部会夏期セミナー 新型インフルエンザ&臨床における亜鉛の役割

P1000092

先日、夏期セミナーに参加しました。今秋から流行拡大が懸念されている、新型インフルエンザの講演がありました。今後、大小わからないが流行の波がくるとの事です。感染予防を怠らないようにしたいです。

資料参照

新型インフル感染対策の基本

1.潜伏期:1~5(7)日 2.ウィルスの排泄期間:発症前1日~発症後7日間程度

3.発症時はウィルス少量(24時間以内に急増)

最終感染リスクから7日間は要観察゚・*:.。. .。.:*・゜発症24時間以内の検査陰性時は再検査

新型インフルの感染様式

咳、くしゃみによる感染(飛沫感染)マスク(患者の着用が最も有用) 患者から1m以上離れる

接触感染 手洗い、手袋 余分な個所に触れない

マスクの有用な着用方法!!鼻の部分をしっかり折り曲げ密着させる。アゴまでしっかり覆う。

マスクを取り外す時は、手洗いを!+表の面には触れない!

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

フォト
無料ブログはココログ

Analytics