2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 第9回安房医療ねっと | トップページ | 口腔ケア実践編 »

2010年1月30日 (土)

自治医大丹波教授による緩和ケア講演会

1月16日、千葉市内で、自治医科大学緩和ケア部教授の丹波嘉一郎先生の講演会が開催されました。千葉県内の国保病院に勤務する自治医大卒業生20数名が参加し、自治医大大宮医療センターの小西教授にもご出席いただきました。

まずは身体所見をきちんと評価し、心の評価、家族のケアも行うこと、多職種によるチーム医療で取り組むこと、「症状コントロール無くしてスピリチュアルケアなし」との言葉があるそうですが、痛みのコントールをしっかり行うこと、きちんとした説明(真実を伝える)、「あなたとご家族を大切にしていますという姿勢」が大切とのお話でした。

また、自治医科大学緩和ケア部から出版された「地域連携のための緩和いろは」という本をいただきました。緩和ケアの基本的な知識から心構えなど、数々のヒントが宝石のように散りばめられた素晴らしい本です。病棟に常備し、日頃から参考にさせていただきたいと思います。

緩和ケアの知識や考え方、患者さんとの接し方は、地域医療にとってとても重要な分野であり、今回の講演会はたいへん有意義なものでした。お忙しいところご講演いただいた丹波先生、どうもありがとうございました。丹波先生の温かいハートが伝わってくる素晴らしいご講演でした。

その後の懇親会も楽しかったですね。ぜひまたいつか、次の機会を楽しみにしています。ご出席いただきました皆様にも感謝申し上げます。

(ここに載せる予定だった、丹波先生を囲んで撮った記念写真ですが、とても残念なことに、私の不注意で紛失してしまいました。誠に申し訳ありません。この次は失くさないように気をつけます。)

Photo

« 第9回安房医療ねっと | トップページ | 口腔ケア実践編 »

研修報告記」カテゴリの記事

コメント

丹波先生のご講演は非常にわかりやすく、我々にも実践しやすいように教えていただき、参加させていただいてよかったです。
本当にありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257030/33184718

この記事へのトラックバック一覧です: 自治医大丹波教授による緩和ケア講演会:

« 第9回安房医療ねっと | トップページ | 口腔ケア実践編 »

フォト
無料ブログはココログ

Analytics