2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月24日 (月)

インシュリン製剤の研修会がありました

Cimg0254_2

本日、インシュリン製剤の院内研修会が行われました。

新たに導入される薬剤の説明や、患者様への導入時の注意点などの説明もあり、大変参考になりました。

今後の治療や指導に役立てていきたいと思います。

2010年5月22日 (土)

安房医療ねっと~三芳光陽園

先日三芳光陽園にて安房医療ねっとの研修会が行われました。

Img_2779

「自分たちの手で、自分の子供たちの為の施設を作る!」

「生きよ、わが子たち」「生きよ、仲間たち」

とても温かく、そして気持ちのこもった光陽園の方々の姿勢に、非常に感動しました。

Img_2780

活発な意見も飛び交い、非常に充実した会になったと思います。

次回は安房健口ねっとが5月25日に行われます。歯周病について非常によくわかる講義になってますので是非ご参加ください。

Img_2798

2010年5月14日 (金)

子供の日メニュー

May

遅くなりましたが、5月5日の子供の日のメニューをご紹介します。

常菜の昼食restaurant

・洋風五目寿司

・茶碗蒸し

・五目巾着煮

・澄まし汁

・柏餅           TOTAL748Kcal

おすすめレシピgood 暑くて食欲のないこれからの季節に!

洋風五目寿司

材料(4人分)

・米                      2.5合

・塩鮭 (鮭フレークでも可)        100g

・プロセスチーズ               80g

・卵(砂糖20g入れる)            3個

・きゅうり                    1本

・人参                      2/3本

・白入りゴマ                  10g

甘酢生姜、刻みのり、適量

合わせ酢(酢35cc、砂糖35g、塩4g)

熱量…467Kcal」、蛋白質…18g、脂肪…11.8g、カルシウム…183mg、食塩…2.4g

作り方

one塩鮭は骨を抜き、細かくほぐす。

two卵は細かい入り卵にする。

three胡瓜は輪切りで塩もみをする。人参はマッチ棒ぐらいの太さにして、甘煮にする。プロセスチーズはさいの目に切る。

four酢飯を作り、onethreeの具材とゴマを混ぜる。

fiveお皿に盛り、上に刻みのり、横に甘酢生姜を添えれば、できあがり!

チーズが嫌いな高齢な方、酢飯が苦手な子供たちにも、大好評な五目寿司です。鮭に含まれているビタミンDはカルシウムの吸収を高めるので、食べ合わせもバッチリ!今回は使用していませんが、しらすを入れれば、さらにカルシウムUP!青じそ、みょうがなど、冷蔵庫の残り野菜を入れてもいいと思います。簡単でおいしいので是非作ってみて下さい。

2010年5月 3日 (月)

24時間血圧計を導入しました

当院は先日、携帯型自動血圧計(エー・アンド・デイ株式会社、TM-2431)を導入しました。http://www.aandd.co.jp/adhome/products/me/tm2431.html

「血圧値は身体や精神状態によって大きく変化します。日常生活中の24 時間の貴方の血圧変化を知ることにより、血圧値が正常か否か、また降圧剤が必要かどうか、治療の効果は
どうか等の重要な情報を得ることができます。」(上記ホームページから抜粋)

当院にて医師から勧められた、もしくは受診されたときに「24時間血圧を測る検査希望」と言っていただけたら、病院で装着して、その後24時間「行動記録表」http://www.aandd.co.jp/adhome/products/me/pdf/action_record_sheet.pdfを書いていただきます。

7時~21時59分までは15分間隔、22時~6時59分までは30分間隔で血圧が測られます。

そのため基本的にお風呂は入らずお過ごしいただきます。

また、運転中も寝ている間も測り続けるため急に腕が締まりますので、あらかじめご了承ください。

当院の診察前には必ず血圧を測定させていただいておりますが、病院にいらっしゃることによる緊張が血圧に反映されて高く出ることが多く、その血圧が高くてさらに緊張が強くなる方もおられます。

やはり病院の血圧だけだと、本当にもともと高いのか、それとも病院だから高いのか、医師も判断しかねるところがありますので、この検査をお受けになることで血圧のパターンがわかり、薬が必要かどうか、今の薬が効いているかどうかも判断しやすくなりますので、検査をお受けになることをお勧めいたします。

24hbp_10

24hbp_25

24hbp_24 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

フォト
無料ブログはココログ

Analytics