2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月25日 (火)

インフルエンザ大流行です!

hospitalインフルエンザの患者さんが全国的に増えています!hospital
当院でもインフルエンザの検査を行っておりますが、A型、B型ともに患者さんが増えています。安房地域は注意報レベルですが、長生・夷隅・市原は警報レベルになっていますので要注意です!

国立感染症研究所 感染症情報センターの情報によりますと、
「今シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数は2010年第42週以降増加が続いている。2011年第2週(1月10日~1月16日)のインフルエンザの定点当たり報告数は12.09(患者報告数59,832)となり、前週の報告数(5.06)よりも2倍以上の増加となった。定点医療機関からの報告をもとに、定点以外を含む全国の医療機関をこの1週間に受診した患者数を推計すると約78万人(95%信頼区間:71万人~85万人)となり、20代約17万人(22.1%)、30代約12万人(15.6%)、5~9歳約10万人(13.0%)の順であり、特に今シーズンは20代以上の成人層が57.7%と多くを占めている。
 都道府県別では沖縄県(55.26)、佐賀県(27.87)、福岡県(24.81)、宮崎県(24.08)、長崎県(20.43)、大分県(19.98)、宮城県(17.82)、千葉県(17.56)の順となっている。全ての都道府県で定点あたり報告数の増加がみられ、26県で10.00を上回った。
警報レベルを超えている保健所地域は18箇所(北海道1、千葉県3、静岡県1、大阪府1、福岡県3、佐賀県2、長崎県1、熊本県1、宮崎県2、沖縄県3)、注意報レベルのみを超えている保健所地域は244箇所(41都道府県)と共に大きく増加した。
 直近の2010年第50週~2011年第2週の5週間のインフルエンザウイルス検出報告件数は、AH1pdmが最多であり、次いでAH3亜型(A香港型)、B型の順である。今シーズンは第36週以降AH3亜型が多く検出される状態が続いていたが、第49週以降はAH1pdmの検出数の方が多くなっている。」
国立感染症研究所感染症情報センターインフルエンザ流行レベルマップより抜粋
Suisen

自宅療養の注意点
同居している人が感染している場合、その人から感染しないよう確実に予防することは困難です。ただし、なるべく感染しないように、以下のことを心がけてください。
○患者の看護をしたあとなど、手をこまめに洗う
○感染している方が小児の場合には、誰かが必ず見守るようにすることが必要ですが、持病があったり、妊娠している方については、感染している人となるべく別の部屋で過ごすようにするなど、より確実な感染予防を心がける
○看護している方が、持病をもっていたり妊娠している場合は、念のためかかりつけの医師に相談する。医師の判断により、予防のためのお薬が処方されることがある。
○患者には原則マスクを着用させる。なお、看護している方がマスクを着用することによる感染予防効果は限定的ですが、患者と接するときにはマスクを着用することで、ある程度は感染を予防できる可能性がある。
○患者の使用した食器類や衣類は、通常の洗濯・洗浄及び乾燥で消毒できる。

回復後の外出について
 熱がさがっても、インフルエンザの感染力は残っています。解熱後も、あなたは他の人に感染させる可能性があるわけです。
 完全に感染力がなくなる時期については、明らかでなく、個人差も大きいと言われます。少なくとも、熱が下がって2日目までは外出しないように心がけましょう。
 あるいは、発熱などの症状がなくなっても、周囲の方を守るため、発熱や咳(せき)、のどの痛みなどの症状が始まった日の翌日から7日目までは、できるだけ外出しないようにしてください。

以上、厚生労働省「新型インフルエンザ」入門http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/inful_nyumon.html#hより抜粋

基本はやはり手洗い・うがいです!
インフルエンザに感染された方は、上記のことに注意して療養してください。
Ume

2011年1月14日 (金)

七草粥

1月7日の夕食は、七草粥でした。
一年の無病息災を願って、1月7日に春の七草を使って作る七草粥。
(祝膳や祝酒で弱った胃を休める為とも言われています。)
厄払いと健康を祈りつつ、今年も元気に過ごせますように…
当院の患者様も早く元気になりますように…

Photo

・七草粥
・豆腐ハンバーグ
・セロリとチンゲンサイのカレー炒め
・苺  
Total 熱量540Kcal 蛋白質28.8g 脂質16.5g 塩分3.4g

効能
せり…消化を助け、黄疸をなくす
なずな…視力、五臓に効果
ごきょう…吐き気、痰、解熱に効果
はこべら…歯ぐき、排尿に良い
ほとけのざ…歯痛に効く
すずな…消化促進
すずしろ…胃健、咳止め、神経痛

2011年1月 7日 (金)

おせち料理

おせち料理fuji

明けまして、おめでとうございます。
本年も、患者さまが、長い入院生活でも四季を感じ、食事の時間を楽しみにして
頂けるような「安全でおいしい食事」を目指し、栄養科一同、努力していきたい
と思いますので、よろしくお願いいたします。
そして今年も、当院の行事食を、このブログにて、ご紹介していきたいと思っています

では、早速、お正月三が日の朝食の、おせち料理をご紹介します。
お雑煮のおもちが食べられない方には、つかえにくく工夫された、「福もち」(キッセイ薬品)で代用しました。

2011

元旦の朝食(常食常菜)cafe
・お雑煮
・紅白かまぼこ
・栗きんとん
・昆布巻き
・牛乳       TOTAL 熱量578Kcal 蛋白質21.2g 脂質9.1g 塩分3.7g  

2011_2

2日の朝食(常食常菜)cafe
・お雑煮
・伊達巻き
・ふな甘露煮
・菊花かぶ
・牛乳      TOTAL 熱量576Kcal 蛋白質28.6g 脂質14g 塩分 2.8g  

2011_3

3日の朝食(常食常菜)cafe
・お雑煮
・田作り
・数の子
・黒豆
・牛乳     TOTAL 熱量473Kcal 蛋白質34.1g 脂質10.6g 塩分2.5g  
 

2011_4

おせち料理を華やかに彩る栄養科スタッフの手づくり飾りshine

~福を食す、おせち料理~  
おせち料理とは本来、新しい年とともにやってくる「歳神様」をわが家に迎えて成す為のもの。歳神様は、一年の豊作を決める特別な神様。お供えする料理も豪華で、ひとつひとつに五穀豊穣や子孫繁栄、財運上昇…と、人々の様々な祈りが込められています

おせち料理の由来
《数の子》
にしんの卵・数の子は、その名の通り、卵の数が多いことから、子孫繁栄を意味する縁起物。

《栗きんとん》
 『勝ち栗』という言葉があるように、縁起のよい栗と貴重な砂糖を使った栗きんとんは、まさしく黄金の塊。商売繁盛、金運をもたらします。

《黒豆》
 「黒」は邪気を払い、不老長寿をもたらす色。ずっと健康で、{まめ=勤勉}に働いて
 暮らせるように、との願いが込められています。

《紅白かまぼこ》
 紅は歓喜、白は神聖を表す色として結婚式や上棟式など、おめでたい席に彩りを添えてきた紅白の色。新年の訪れを祝う心が溢れています。

《昆布》
 「養老昆布」と書いて「よろこぶ」と読む縁起物。

《田作り》
 乾燥した片口いわしを田植えの肥料としたことから、「田作り」と呼ばれ、{五万米
(ごまめ)}の文字をあてて五穀豊穣、家内安全を祈ります。

《伊達巻き》
 贅沢な砂糖をふんだんに使った、甘い調理は、一番のご馳走。大切な文書のように
 くるりと巻物に仕立て、財運を呼び込みます。

2011年1月 1日 (土)

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

皆様におかれましては、さわやかな新春をお迎えのことと心からお慶び申し上げます。
また、昨年中、当院に賜りました数々のご厚情とご支援に対しまして、職員一同心より御礼申し上げます。

常日頃からたいへんお世話になっている、地域住民の皆様、医師会・基幹病院の諸先生方や関係各位の方々に厚くお礼申し上げますとともに、当院も職員一同、地域医療の向上のため最大限の努力をしてまいりたいと思いますので、今後ともご指導・ご支援いただきますよう、本年も何卒よろしくお願い申し上げます。

当院の近くに、平群天神社があります。伊予が岳への登山口になっている所でもあります。
本日初詣に行ってきました!
Heguri3


Heguri


Heguri2

今年も皆様にとって良い年になりますように、心よりお祈り申し上げております。

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

フォト
無料ブログはココログ

Analytics