2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

« あけましておめでとうございます | トップページ | 七草粥 »

2011年1月 7日 (金)

おせち料理

おせち料理fuji

明けまして、おめでとうございます。
本年も、患者さまが、長い入院生活でも四季を感じ、食事の時間を楽しみにして
頂けるような「安全でおいしい食事」を目指し、栄養科一同、努力していきたい
と思いますので、よろしくお願いいたします。
そして今年も、当院の行事食を、このブログにて、ご紹介していきたいと思っています

では、早速、お正月三が日の朝食の、おせち料理をご紹介します。
お雑煮のおもちが食べられない方には、つかえにくく工夫された、「福もち」(キッセイ薬品)で代用しました。

2011

元旦の朝食(常食常菜)cafe
・お雑煮
・紅白かまぼこ
・栗きんとん
・昆布巻き
・牛乳       TOTAL 熱量578Kcal 蛋白質21.2g 脂質9.1g 塩分3.7g  

2011_2

2日の朝食(常食常菜)cafe
・お雑煮
・伊達巻き
・ふな甘露煮
・菊花かぶ
・牛乳      TOTAL 熱量576Kcal 蛋白質28.6g 脂質14g 塩分 2.8g  

2011_3

3日の朝食(常食常菜)cafe
・お雑煮
・田作り
・数の子
・黒豆
・牛乳     TOTAL 熱量473Kcal 蛋白質34.1g 脂質10.6g 塩分2.5g  
 

2011_4

おせち料理を華やかに彩る栄養科スタッフの手づくり飾りshine

~福を食す、おせち料理~  
おせち料理とは本来、新しい年とともにやってくる「歳神様」をわが家に迎えて成す為のもの。歳神様は、一年の豊作を決める特別な神様。お供えする料理も豪華で、ひとつひとつに五穀豊穣や子孫繁栄、財運上昇…と、人々の様々な祈りが込められています

おせち料理の由来
《数の子》
にしんの卵・数の子は、その名の通り、卵の数が多いことから、子孫繁栄を意味する縁起物。

《栗きんとん》
 『勝ち栗』という言葉があるように、縁起のよい栗と貴重な砂糖を使った栗きんとんは、まさしく黄金の塊。商売繁盛、金運をもたらします。

《黒豆》
 「黒」は邪気を払い、不老長寿をもたらす色。ずっと健康で、{まめ=勤勉}に働いて
 暮らせるように、との願いが込められています。

《紅白かまぼこ》
 紅は歓喜、白は神聖を表す色として結婚式や上棟式など、おめでたい席に彩りを添えてきた紅白の色。新年の訪れを祝う心が溢れています。

《昆布》
 「養老昆布」と書いて「よろこぶ」と読む縁起物。

《田作り》
 乾燥した片口いわしを田植えの肥料としたことから、「田作り」と呼ばれ、{五万米
(ごまめ)}の文字をあてて五穀豊穣、家内安全を祈ります。

《伊達巻き》
 贅沢な砂糖をふんだんに使った、甘い調理は、一番のご馳走。大切な文書のように
 くるりと巻物に仕立て、財運を呼び込みます。

« あけましておめでとうございます | トップページ | 七草粥 »

地域医療」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1257030/38377980

この記事へのトラックバック一覧です: おせち料理:

« あけましておめでとうございます | トップページ | 七草粥 »

フォト
無料ブログはココログ

Analytics