2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月15日 (月)

梅雨入りメニュー『あじさいランチ』

本日6/15は梅雨入りメニュー『あじさいランチ』でしたsprinkle。梅雨の中休みという、よく晴れた日でしたが、この時期は、朝晩は涼しく、昼間はムシムシ暑いので、体調を崩しやすい時期でもあります。体調管理をしっかりして、夏バテしない身体にしておきましょうrockshine

では、こんなムシムシしたシーズンにぴったりな、さっぱりとした『あじさいランチ』を御紹介します。野菜が沢山摂れて、職員さん達にも喜ばれましたhappy01

*あじさいランチ*(写真は職員食・患者様常菜は量少な目)

011

・枝豆と桜エビの炊き込みご飯

・カレイのから揚げ南蛮あんかけ

・蒸し鶏のポン酢ジュレサラダ

・モロヘイヤスープ

・あじさいゼリー

患者: ㌍627Kcal  蛋白質33.5g  脂質14.5g  塩分2.7g 

職員: ㌍850Kcal  蛋白質44g  脂質15.4g  塩分3.8g

《さっぱりとしたメニューを作るコツflairrestaurant

①酸味を使う(酢・レモン・梅干し・ポン酢など)

②香味野菜を使う(紫蘇・みょうが・生姜など)

③色とりどりの野菜を組み合わせる(パプリカ・アスパラ・トマト・茄子など)

④香辛料・刺激物を上手に使う(カレー粉・マスタード・豆板醤・わさびなど)

《モロヘイヤの栄養について》

体の抵抗力を高めるβーカロチンやビタミンC、疲労回復を促すビタミンB1、B2を多く含み、、カルシウムにいたっては、ほうれん草や小松菜よりも、多く含まれています。

さらに、モロヘイヤ特有のネバネバは「ムチン」という成分で、夏バテなどによる胃のトラブルを予防する効果もあります。

クレオパトラが好んで食べたという『モロヘイヤ』 もうすぐスーパーにも並ぶと思うので、是非、普段の食事にも取り入れてみて下さい。

~他の調理例~

天婦羅・納豆和え・チヂミなど…

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

フォト
無料ブログはココログ

Analytics